top of page
AdobeStock_285630545-min.jpg
  • 執筆者の写真WATCHGARAGE

腕時計修理の価値を見極める:料金と品質のバランス|時計修理専門店ウォッチガレージ

更新日:2023年10月18日

腕時計修理店の料金体系は複雑で、初めて修理を依頼する人にとっては理解が難しいかもしれません。この記事では、腕時計修理の料金について簡潔に解説します。


腕時計修理_ウォッチガレージ

腕時計修理の基本的な料金体系


腕時計修理の基本料金には、メンテナンスや清掃などの一般的な作業が含まれます。これらの費用は一般的には定められた基準に基づいて設定されます。修理内容や時計の種類によって料金は異なることがあります。ウォッチガレージではわかりにくい料金を可能な限りわかりやすく整理しております。



腕時計修理_ウォッチガレージ価格表


複雑な修理やオーバーホールの料金


複雑な機能を持つ時計の修理や機械式時計のオーバーホールには追加の費用がかかる場合があります。これらの修理は専門知識と経験を要するため、料金が高くなることがあります。たとえば、一般的な複雑時計といえば「クロノグラフ」が挙げられます。ウォッチガレージでも「クロノグラフ」は通常の3針時計よりも修理/オーバーホールの料金は高く設定されています。


また「クロノグラフ」よりもさらに複雑な機能を持つ時計も存在します。詳細はまた別の機会に譲りますが、以下に代表的な複雑時計の機能を列記しておきます。


  • パペチュアルカレンダー(永久に正確な日付を表示する機能)

  • ミニッツリピーター(決まった時刻を「音」で知らせる機能)

  • GMT(複数の地点の時刻を表示する機能)

  • トゥールビヨン(ヒゲゼンマイにかかる重力の影響を減らす機能)

  • クロノグラフ(経過時間を計測できる機能)


ブランド別の料金差



腕時計修理_ウォッチガレージ


腕時計の修理費用はブランドによっても異なります。一般的な腕時計ブランドと高級ブランドの修理料金を比較し、それぞれの理由について詳しく解説します。

ウォッチガレージでは、時計を大きく3つのグレードに分けて修理/オーバーホール料金を設定しています。その考え方は以下のようなものです。


【SSSクラス】世界的に最も伝統と格式があるブランドでほとんどが機械式時計を製造しているメーカーの時計。時計を構成するパーツの種類も多く、オリジナルパーツがほとんど。


【SSクラス】人気と実力がバランスするハイブランド。時計の世界を牽引する機能やデザインを持ち、時計ファンに愛されているポピュラリティを持つ。


【Sクラス】時計の製造者(マニファクチュール)も多く存在するが、デザインなどファッション的な価値の提供に主眼を置いたブランドも多いクラス。


【JSSクラス】国産の高級時計。


【JSクラス】国産の普及価格帯の時計。


これらのクラスごとに価格が異なる理由は以下のようなものです。

  1. パーツの入手困難さ(入手できない場合にはワンオフで作成する必要もある)

  2. 認証された時計技師による作業が必要

大きく上記の2つの理由により、ウォッチガレージではクラスごとに異なる料金を設定しています。


追加サービスや保証に関する料金


防水テストや保証延長などの追加サービスには別途料金が発生する場合があります。また、修理作業の保証やアフターサポートに関する情報も提供します。これらのサービスや保証には追加の費用がかかることがありますが、修理品質とお客様の安心を保証するものです。


ウォッチガレージでは以下のようなオプションをお勧めしています。


  • ガラスコーティング

  • ケース/ブレスのポリッシュ(磨き)


その他様々なご相談にプロ目線でお応えいたします。時計に関することなら、どんなことでもウォッチガレージにお問い合わせくださいませ。

閲覧数:56回0件のコメント

Comments


bottom of page